カードローンでカードを発行してもらう時に審査をされる、ということくらいは知っている人が多いでしょう。しかし、具体的にどんなことが審査されているのか、というのはなかなか理解されていないです。

これを知っていると対策ができることがあります。もちろん、できないこともありますが出来ることをしておきますと通過しやすくなることでしょう。まず、絶対的に大事なこととして、その人の収入があります。

これは実は収入証明を出す場合とそうでないことがあります。具体的には一社で50万円以上を借りる場合、或いは複数社で100万円となる場合に収入証明の提出が義務になります。逆をいいますとそれ以下であれば収入に対する確認がやや甘い、ということになります。

これも一つのポイントですから覚えておくと良いでしょう。加えて、もう一つ重要になっているのが返済の遅延があるのかどうか、という点になります。これこそが審査にとって重要な要素となります。

つまりは、他から借りている、ということによって返済の能力がそちらに割かれることになりますし、まして今現在、返済に問題がある状態であれば発行はできない、と判断されるわけです。ですから、他から借りているならばせめて延滞をしている分は返済してから新しく申請をしましょう。