無人契約機を使って、カードローンを申し込むには?

無人契約機を利用すれば、お店の窓口まで行かなくても、その場で申込むことができて便利です。でも「契約機の操作って難しそう…」と思う人もいるかも知れませんね。無人契約機の部屋のなかには電話があるので、分からないことがあれば電話で質問できますよ。

【手続き方法】

まず、無人契約機の部屋へ入ったらカギをかけましょう。勤務先や希望借入れ金額、他社からの借入れ状況などタッチパネルで入力します。お店によっては備付けの申込用紙に記入したあと、機械でスキャンする場合もあります。

次は、身分証明書と収入を証明できる書類をスキャンします。すると電話が鳴って「あなたの勤務先へ在籍確認電話をかけても良いですか?」と尋ねられます。在籍確認電話とは、ウソの勤務先を記入する人がいるため、本当に勤務しているのかチェックするために行うものです。

【契約完了】

残念ながら審査に通らなかった場合、契約機の画面に「通りませんでした」と表示されます。一方、通った場合は「通りました」と電話で伝えられます。あとは、契約内容・契約可能な金額に同意すれば契約は完了です。

たいてい無人契約機の近くにATMが設置してあるので、カードが発行されたらすぐキャッシングすることができます。スムーズに手続きが進めば、契約完了までは30~40分ほどでしょう。

無人契約機を利用する前に、ネットで個人情報を送信しておけば契約時間の短縮になりますよ。

何が審査の基準になっているのか

カードローンでカードを発行してもらう時に審査をされる、ということくらいは知っている人が多いでしょう。しかし、具体的にどんなことが審査されているのか、というのはなかなか理解されていないです。

これを知っていると対策ができることがあります。もちろん、できないこともありますが出来ることをしておきますと通過しやすくなることでしょう。まず、絶対的に大事なこととして、その人の収入があります。

これは実は収入証明を出す場合とそうでないことがあります。具体的には一社で50万円以上を借りる場合、或いは複数社で100万円となる場合に収入証明の提出が義務になります。逆をいいますとそれ以下であれば収入に対する確認がやや甘い、ということになります。

これも一つのポイントですから覚えておくと良いでしょう。加えて、もう一つ重要になっているのが返済の遅延があるのかどうか、という点になります。これこそが審査にとって重要な要素となります。

つまりは、他から借りている、ということによって返済の能力がそちらに割かれることになりますし、まして今現在、返済に問題がある状態であれば発行はできない、と判断されるわけです。ですから、他から借りているならばせめて延滞をしている分は返済してから新しく申請をしましょう。

カードローン審査に申込む時準備する物は?

カードローンの審査、初めてだと何を用意して良いかわかりませんよね。銀行カードローンに申し込んだ時の準備する物について解説します。

1.大金を借りないなら、本人確認書類だけでいい

銀行カードローンは2段階に分かれています。大金を借りる必要がないのであれば、免許証等の本人確認書類だけでオーケーです。

2.大金を借りたいなら、収入証明書が必要

300万円以上の借入を行いたい場合は、収入証明書が必要になります。また、年収が低かったり、職業が不安定とみなされた場合も証明のために収入証明書が必要になる事がありますので、二度手間にならない様に、すぐに持ち出せる様でしたら持っていたておくといいでしょう。

収入証明書は職場から渡される、源泉徴収票とかで大丈夫です。

3.提出のタイミング

稀に大手銀行カードの様にネットで申込む時、本人確認書類は審査が終わった後に郵送したり、店舗に渡しに行く事によってカードと一緒に発行されたりする流れになっているところもあります。要求されないなと思って忘れない様にしてください。

本人確認書類は単純ですが、絶対に必要になる書類です。特に収入証明はまた使いますので、コピーと原本を持っていく様にしましょう。