ドンキ前社長インサイダー取引逮捕

大手ディスカウントショップ「ド・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナル・ホールディングスですが、この会社の前社長が2020ねん12月に東京地検特捜部に逮捕されてしまいました。

意外と私は知らなかったのですがこのドンキは流通大手のユニー・ファミリマートHDの傘下企業になっていたことです。
2018年10月にTOBを実施してドンキはユニー・ファミリーマートHDのグループ会社となりました。
問題はそこのようです。
このドンキの前社長はTOBの話を事前に知人男性に押して自社株を購入することを勧めたのです。
もちろんTOBが実施されればドンキの株価は高等資亜夢から、その知人男性は濡れ手に粟の利益を得ました。

しかし、この前社長はドンキの店長から社長にまでなった立身出世の人です。
おそらく金融や株式の仕組みやルールなどはあまり知らなかったのかもしれません。

前社長は93年にドンキに縫う者。
店長として社内突飛の成績をたたき出しわずか二年で取締役にまで出世しました。
その後は約4000億円の要る上げを約1兆③000億円にまで成長させたのです。

そんな前社長が昨年の9月に社内のすべての役職から名前が消されたのです。
当初は創業者の安田氏との確執もうわさされましたが、本当の理由はこれだったようです。

今回の問題の知人男性が甲奴湯したのはドンキの㈱7万6500株
当時の金額で約4億3000万円
これをうまく売り抜けて数千万円尾利益を得たようです。
この方はパチンコなどのアミュー素面と関連の経営者で、現応身(石田純一や清畠和博など)との交流もあり業界ではかなりの有名人のようです。
そのあたりの交友関係から前社長とも昵懇の仲になったのかもしれません。

この『インサイダー取引は年々規制が厳しくあんって来ています。
以前は内部情報を得た人物が、自身が株などを取引して得た行為のみが規制の対象でした。
しかし近年証券会社が顧客にインサイダー情報を漏らして顧客を設けさせるような事例が多発したため、「インサイダー情報を漏らした側」も厳しく罰せられるように改正されたのです。

ちなみに今回は取引を推奨しただけでの摘発逮捕は初です。

経営者たるもの
こrてからは自分の業務以外のこともしかkりと勉強しておくことが必要ですね。
いくらインサイダー情報といえども、その株の取引き推奨だけで逮捕されるなんて誰が知っているのでしょうか?
えっ?お前んとこ会社 上場でもするのか?って
ご安心ください
私は超零細個人事業主ですから関係ありませんけど・・・

親 耳が遠い イライラ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です