ソプラノオペラ歌手オリアンヌ・ダリエジオさん、知ってます?

美人ソプラノオペラ歌手
Orianne d’aliesio
オリアンヌ・ダリエジオさんは、フランス。スイスで著名な指導者に師事してきました。
その後 日本の芸術歌曲をを学ぶために日本へ留学。
2016年に奏楽堂日本歌曲コンクールの審査員からその優秀な実力を認められたことから注目を集めています。

写真家クリストフ・ブジェのアサンンブラージュ展示の差異に共同イベントがありました。クラシック音楽と写真とのジョイントは面白いですね。

オリアンヌ・ダリエジオさん曰く
「個人的には、音楽は荒tyりゃーとに合うものだと思います。
 音楽はどのような状況にも特別な光を与え、伝えられる感情を増大させます。
 最も顕著な例が映画です。
 映画から音楽を取り去ってしまえば、その作品が持つインパクトは全く異なるものなるでしょう。
 音楽ははるか昔から映像と結びついており、今回写真家クリスト・ブジェ氏とご一緒できることを楽しみにしています。」
と語られていました。

【写真家 クリストフ・ブジェ』
写真家 クリストフ・ブジェ氏は独自の手法で世界の大都市の風景やすれ違った人々のポートレートを再構成することで、クリストフ・ブジェが瞬間瞬間が積み重なったイメージの世界を作り上げています。
空間と時間を強く結びつけるブジェの作品はデジタル技術を駆使して、まるで大きなフレスコ画のような構成です。
動きと時間の表現を付け加えることで、生き生きとしたイメージを作り上げることで高い評価を受けています。

よくその題材にされているのが「交差点」です。
街の交差点を題材として取り上げるのは
「交差点というものには、街の魂が反映されており、その本質が凝縮されている」
とブジェ氏は語っています。

【ブジェ氏の取り上げた日本も有名な交差点の作品】
2006年以初めて日本に訪れたブジェ氏はその独自性に魅了されました。
巧みな伝統と現代性
節度と過剰の混在
それらはすべてのものに現れており、その交差点には別の惑星に連れ去られたような感覚になるそうです。

「カメラを肩に下げ、瞬間瞬間を求めて街路をさ迷い歩き
街の呼吸を測り
場所がブジェ氏と共鳴する
複数回同じ場所に通い
(数日から1根に上の期間にわたることも)
その場所の脈をとり、聴診し、没頭し、動きを感じ、その動きを感じ、その化学反応を明らかにしてくれるアングルや照明を私は選んでいるのです」
とブジェ氏は言っていますが、凡人の私には何を言っているのかわかりませんが。。。(汗)
旦那 浮気調査 自分で GPS

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です